スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤギふれあい、マラソン中止…口蹄疫影響全国に(読売新聞)

 宮崎県で発生した口蹄疫(こうていえき)の影響が、全国にじわりと広がっている。

 宮崎から遠く離れた動物園が、口蹄疫に感染する可能性のある動物とのふれあいを一時取りやめた。熊本では牧場脇でのマラソン大会が中止に追い込まれた一方、天然記念物の防疫対策に苦慮する自治体も出るなど、各地で影を落とし始めた。

 ◆多摩動物公園◆

 休日には1日1万人近い入場者がある東京都日野市の多摩動物公園。ヤギ舎の周りに囲いが設けられたのは今月1日だ。ヤギとのふれあいが楽しめる人気のコーナーだったが、「全国各地から来園者があるので、予防するに越したことはない」と担当者。園の入り口には消毒薬を浸したマットを敷き、すべての入場者の靴底を消毒する措置を続ける。

 ◆爽快コース裏目に◆

 熊本県では、阿蘇外輪山をほぼ1周するコースを使って6月5日に予定しているマラソン大会が中止された。全国から約1500人が参加予定だったが、走路が牛の放牧地帯を通るコースのためだ。実行委員会では「爽快(そうかい)感あるコース設定が裏目に出るとは」とぼやいていた。

 ◆飲食店◆

 「仕入れ値が上がらないか心配だ」。東京都港区の鉄板焼き店「AC広尾」の支配人山西幸夫さん(34)は打ち明ける。

 ほかの産地の牛と比べて肉質が軟らかく、2年程前から宮崎県産だけを仕入れているが、今後は他の産地からの仕入れも検討するという。「『頑張って』と励ましに食べにきてくれるお客さんがいるのが救い。早く元に戻ってほしい」。山西さんはそう祈っている。

 ◆奈良の鹿どうする◆

 国内外から観光客が集まる奈良公園(奈良市)。国の天然記念物に指定されている鹿を保護育成する財団法人「奈良の鹿愛護会」では宮崎県で最初の口蹄疫感染例が確認された4月20日以降、獣医師の指導を受けたパトロール担当の職員5人が毎日、口蹄疫の症状が出ている鹿がいないか目視でチェックしている。だが、同公園周辺に生息する1000頭を超す鹿は野生の鹿。周辺を自由に移動しているうえ、家畜のように近づいて症状を観察できるわけでもない。

 鹿の保護育成を担当する奈良県ならの魅力創造課の中西康博課長補佐は「鹿を囲い込めず、消毒などの防疫対策ができない」と頭を抱える。

<図書館のない村>善意殺到 10日間で絵本1万冊突破--福島・飯舘(毎日新聞)
避難した種牛、感染の疑い=口蹄疫(時事通信)
仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
警部補ら2人懲戒免職=暴力団周辺から借金、腕時計―奈良県警(時事通信)
<気象庁>市区町村単位の気象警報 細かすぎて速報見送り(毎日新聞)
スポンサーサイト

老健開設準備の医療法人社団に破産手続き開始―東京地裁(医療介護CBニュース)

 老人保健施設の開設を準備していた医療法人社団千住会(東京都日の出町、山西真彦理事長)が4月16日に東京地裁から破産手続きの開始決定を受けていたことが、東京商工リサーチの調べでこのほど分かった。負債額は現在調査中だという。

 東京商工リサーチによると、同法人は2007年9月に設立され、日の出町に老人保健施設を開設する準備をしていた。しかし、実際には施設の建設工事が中止されており、事業を開始していなかった。また、法人名義の借入金を個人負債の返済に充てていたほか、法人から理事長への貸付金も回収できていないなど、剰余金の配当禁止を規定した医療法に抵触していた。こうした一連の違反に是正措置がなされなかったとして、東京都は昨年12月25日に法人の設立認可を取り消す行政処分を行っており、同法人は登記上、同30日に解散していた。


【関連記事】
医療機関の倒産、4月は5件―帝国データ
医療法人社団博美会が破産手続き―レーシックの神奈川クリニック眼科など運営
医療器具販売会社に破産開始決定―東京地裁
さいたまの双樹会に破産手続き開始決定
東京・青梅市の医療法人、破産手続き開始決定―東京地裁

<普天間移設>「改めて県外」沖縄知事、鳩山首相に要求(毎日新聞)
<本格ミステリ大賞>小説部門は歌野晶午氏と三津田信三氏(毎日新聞)
<社長刺殺>容疑で46歳社員を逮捕 千葉・船橋署(毎日新聞)
「国民、いら立ち強める」=鳩山首相(時事通信)
ゾシンなど新製品の拡大で増収―大正製薬・医薬事業(医療介護CBニュース)

マニフェストの記載項目、13日にも「たたき台」-民主党企画委(医療介護CBニュース)

 民主党の「マニフェスト企画委員会」は5月10日に会合を開き、参院選マニフェストの医療・介護分野を担当する国民生活研究会(中野寛成会長)など3つの研究会や政治改革推進本部、外交安保作業チームから報告を受けた。今後、同委員会の委員長と主査が報告を基にマニフェストに記載する項目を取りまとめて「たたき台」を作成し、13日にも開かれる次回会合では、それを基に本格的な議論を始める予定だ。

 会合後、主査の細野豪志副幹事長は記者団に対し、「きょうは一つの節目の委員会だった」とした上で、「3つの研究会からかなり詳細な報告を受けた。それぞれの研究会には非常に多くの議員からの提案があり、会合には多くの議員が参加して意見を述べていたので、非常に充実した中身の報告を頂いた」と述べた。

 今後の予定については、同委員会委員長の仙谷由人国家戦略担当相、高嶋良充筆頭副幹事長、主査の細野副幹事長、古川元久内閣府副大臣の4人でマニフェストに記載する項目を取りまとめ、たたき台を作ると説明。「マニフェストは大体10ページ前後のもの。その中に入れることができる情報量は極めて限られる。その中でどういう項目を記載するのかのたたき台」とした。
 また、財政的な制約をしっかりと勘案してマニフェストの中身を決めていく考えを示した上で、「さまざまな制約がある中で、どういう項目を記載していくのかはまさにこれからの議論。項目の集約なり、ある程度の絞り込みが企画委員会の大きな役割になる」と述べた。

 同委員会は、集中的な議論を経て素案をまとめ、20日をめどに開かれる政権公約会議に提案する予定だ。


【関連記事】
財政健全化と社会保障改革は密接不可分―民主研究会が公約案
「財政的に無責任と非難浴びるものだといけない」-民主党マニフェストで中野氏
「保険外併用療養の対象項目拡大」などを提言-民主党規制改革研究会
医療・介護の現場を反映、「政権政党」を意識-民主党参院選マニフェスト素案検証
マニフェストの進捗でヒアリング―民主党研究会分科会

本 元警視庁捜査1課長久保さん 体験もとに若者にエール(毎日新聞)
サッカーW杯南ア大会 開幕まで1カ月 (産経新聞)
医療法人の一般病院、黒字が13年ぶりの70%割れ(医療介護CBニュース)
ペルーと来月EPA基本合意=鳩山政権で初、12例目(時事通信)
廃棄物処分場で贈収賄容疑=町議と業者ら逮捕-徳島県警(時事通信)
プロフィール

ふかせこうぞう

Author:ふかせこうぞう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。